振り出しを訪れる

  • 2011/01/26(水) 23:00:43

 本日は久しぶりの、イレギュラー仕事
(どうでもいいけどこの1月は、頑張っている..
 自分としては、そう思う)

 某近隣の児童センターさんからご依頼を頂き、
子育て関係の講座?で講師をして参りました。

 この児童センターは..
かれこれ8年半くらい前になる
2002年の8月、私が前の職場に入る直前、
「業務の引継ぎ」のために2週間ばかり通わせて頂き、
お仕事について学ばせて頂いた場所なのでした。

*その時点で、私の認識する「自分と品川区との付き合い」は..
 これが初めてなのでした。大井町を歩いたのもこの時が初。
 しかしその後いろいろ考えてみて、
 それ以前にも、品川区内の機関や児童センターとの関わりが
 存在していたことを思い出すことになる。

 当時の私は..(恐ろしいことにその段階に至ってもなお!)
自分がそもそも何をするためにここに通うかはおろか、
「正確には自分は誰に雇われている立場なのか?」
すら把握しておらず(笑) 
(実際に自分が就くことになる職務の全容が
 自分の中で”見えた”のは..そちらでの仕事を終えて後..
 多分2-3ヶ月以上が過ぎてからだったりしたのです、が)

*全然関係ないことなのですが、
 その児童センターで引継ぎ資料をダラダラと読んでいたら、
 私の数年前に、こちらの場所で実習をしていたヒトが、ゼミの後輩だった
 (その後輩がお子さんからとった知能検査結果の所見を、
 それと知らずに半口あけて読んでいた)
 ことが判明して、驚愕したものでした。 
 まぁ心理関係の世界は概して狭く、
 「知り合いの知り合いは知り合い」ってことなどザラなのですけど。

 そういう状態から区内での仕事をスタートし、実に二日目!から..
単独で「発達相談」なるものを実施していたのでした。
 この時点では..
「発達」も「相談」も、その意味は分かるけど、
「発達相談」は、なんかよく分からない。
 今思い返すに、いろいろな意味で凄すぎる体験でした。
 まぁ私は別に..いいのですが(*本当はよくない)、
そんな私に相談をせざるを得ない立場の、来談者の方に対しては..

 …いい仕事ができていたのであろうか? 

 勿論「今の私の基準」で当時の私の仕事を検討すると、
絶対に、いい仕事をできていた筈はない!わけで、
 かなり深刻に憂鬱な気分になります。
(ちなみにその当時、児童センター引継ぎ時代から
 今に至るまでお付き合いが続いているケースは、2件。
 有難いことで御座います)


 さて、そんなところで、講師。
(そもそもこのお仕事自体、当時私に業務の引継ぎをして頂いた
 ”先生”からのご紹介によるものなのでした)

 「育てにくい子」という、
…児童センターでいきなり扱うにはややハードルの高そうな
(気がする)テーマではあったのですが、
勿論そういうテーマで講座仕事をする機会の多い私には、丁度良いもので。
 結局概ねいつものノリで、
かなり”お勉強お勉強”した資料を作り、臨んだのですが、

 ご参加頂いた保護者の方々は、
私が想像していたよりもはるかに、
その内容に対応していただき..
個人的には概ね満足のいくお仕事ができました。


 その後、とある方と少々のやりとりがあり(内容は秘匿)
そういった事情も踏まえ、

「専門家として振る舞いつつも、いかんせん初心者であること/
 職務に必要なだけの有能さを持たない自分であること」
に対し、相応の悩みを感じていた(であろう)当時の日々のことを、

 なんとなぁくイヤぁな記憶と感情込みで、思い出したのでした。

 とりあえず..
自分の知識なりスキルなり対処法の「引き出しが少ない」と、
その数少ない手ゴマだけで(相談を)どうこうしようとする、
あるいは「しようとするしかない」のだけど、
(で、当人としては「それでかなりイケてる」と思っている)
それが傍目には、イタい。
 
 でもそれって正に、
”発達障害状況における振る舞いのイタさ”と
本質は一緒だったりするのです。
 まぁ発達障害状況って基本的に
「認識や行動の選択肢が狭い」
「いつまでたっても初心者を貫く」
等の状態とも、言えなくはないのだけど。


 ”初心者であること”問題の本質は、
「(能力的に)自分の無知や無能さを、きちんとは把握しきれない」
ことなのだと思います(笑)

 その辺の感覚が.. あー”鈍い”が故にこそ、
その客観的には「ダメな自分」に対しても、
ある程度以上に強い問題意識を持つことが(そもそも能力的に)できない。
必要限度を超えて深刻になりきれない。
 …ですけど、まぁ、むしろそのことによってひとは..
簡単に自分の能力を悲観したり速攻で離職とかせずに..
…生きていけるのかもしれないなぁ、
などとと思ったりもするのでした。

 その後、自分の問題点をある程度概観できるような段階に至れば、
その時点で、その問題に対処する技術も、
ある程度身についているわけなのでしょうし。
(*私がその段階に居るかを度外視した発言です)

 …そもそも9年程度前の自分に対して
こんな感慨を覚える今の私自身、
また10年後くらいにこの記述を見返してみると、
その「10年前の」自分についても
相当に無知無能扱いするのかもしれないし..

 もし仮にその頃になってそう思えるとして..
それは個人の成長?発達? と、言えるのでしょうか、ね。
 

大井三ツ又

忘年会

  • 2008/12/20(土) 23:09:45

本日で年間最後のグループも終わり、
来週は相談/指導に平行し掃除や資料の整理などする「年末進行」に移行します。


 で、地域の元ケース(現ケースも居るけど)のお誘いを受け、忘年会に参加しました。
 正確には数年前、私が初めて
「最初(センターでの相談開始)から最後(就学終了)までみた」
年代の子たちの所属してた「年長児グループ」の、
お子さんたち、その保護者、兄弟姉妹の忘年会、です。

…このようなグループの皆さんが、
一人も欠けることなく、こうして定期的に集まったり、
一緒に遊んだり連絡をとりあったりしているだけで、
私には驚異(*脅威ではない)だったりします。
実際この水準で!この種の動きを続けているグループを、他に知りません。
 そうやって互いに愚痴を言い合ったりフォローし合ったりすることは、
やっぱり「親」をやっていくにあたって、とても重要なことなのだろうなと思います。

*この年長児グループを実施した年には、
上記グループの裏でシライ等と土曜の指導グループを開始したこともあり、
私はそっちに正式参加だったものの上記グループについては
「仕事の合間に時間があれば見る」程度の関わりだった..
 とはいえ所属していたお子さんの大部分を私が担当していた(いる)経緯があり、
またそれぞれなりに小学校入学後の状況を把握していたところもあり..


 忘年会は、結論から言えばとても楽しいものでありました。

 合宿では保護者の方と飲む機会もあったのですが、
今回は子どもも、その兄弟姉妹も同席だし
(そもそも私は子どもと同じ場所でお酒を飲んだという経験がない)。
 私が仕事のとっかかりから関わっている子達が、
成長している姿を目にすることができるのは、実に嬉しいことです。

 保護者の方の想いもいろいろあるのでしょうが、
個人的には子ども達は皆、センターで私が関わっていた頃から!
個々の資質に合わせつつ、与えられる周囲の状況に「適応していた」
のだよな、と今の様子を眺めつつ、考えていました。
それは今もそうなのであり、彼らとしては、
環境の変化に合わせながらその「適応の在り方」を変えているだけで。
 とはいえ「やっぱ伸びたよなーびっくりだわ」とも思うのですが。
…その兄弟姉妹の方も、ですね。ほぼ赤ちゃん(生後2ヶ月!とかも居た) 
から知っている子たちが、皆呆れるほど成長している..

 保護者の皆さんは..
子どもの発達がどうの適応がこうのとは全く関係ない水準でやたらと元気で..
私としては
「…なんだってこの人たちは、ヒトとしてこんなに元気なんだろうか..」
と思いながら、特に後半は殆ど呆れて見入っていました。
相談者/指導者としては
「やっぱり子どもの親にはかなわない」ということですかねぇ。


 前の職場を辞めて、今の仕事を始めたことで
「よかったな」と思うことはー、まぁ結構あるのですが(笑)
その中のひとつは、
「こうならなければ、相談を終了して後、
 滅多に会ったり話したり様子を見れたりすることはなかったであろう、
 過去のケース/その保護者の方と再度関わりをもったり、
 比較的自由にやりとりができる」
ことですかね。

 もうひとつは
「この展開になることがなければ、決して出会うことのなかった、
 ケース/その保護者の方に出会えたこと」
なのですが。
↑これはケースの年代や地域や仕事の事情も込みでってことになります。


乾杯のイメージ

外出について

  • 2008/06/04(水) 23:15:45

…梅雨に入ってしまった..
本日は午前中に中野へ。

行き付けの玩具店、
http://www.toy-art.co.jp/apty/nakano.html
に買い足しに行ったら、リニューアルしていやがる..
 かつてここにあった「おもちゃ美術館」は四谷に移ったようで。
↑うちの菩提寺は四谷なので、
お墓参りに楽しみがひとつ増えました(←かなり不謹慎)

その後「ついでなので」
秋葉原と並ぶオタクの聖地、
中野ブロードウェイを冷やかす。
…私はかつてここの入り口で外人さんに
「ワタシハ、アメリカカラキタオタクデスガ、
 オタクフロアーハドコデスカ?」と尋ねられ、
(喋りに自信がないので)
無言で3F直通のエスカレーターに誘導したことがある..

 その後更に駅向こうのホームセンターで買い物してから事務所へ。

午前に相談が入らないと
(それでも基本的に仕事はそこそこあるのだけど)
その気になればこういう動きができるのが、
この仕事の有難いところでして。


 …前職でも、
なんというか業務総括の立場を最大限に生かし(笑)
外出する仕事を可能な限り多く取っていた私なのでした。
 ひとところにいるのもイヤじゃないけど、
時に日々の仕事に変化が欲しいし、
それ以上に「独りで、周囲を気にせず動ける幸せ」
ってのを、(多分当時は気づいていなかったけど)
外出時に感じていたのではないかと思います。

 仕事だけして速攻で職場戻ることも、
忙しいときはそりゃあったけど(笑)
大概は仕事からほんの少しだけ逸脱した行動をとる
(通り道の本屋/玩具店に行くとか)ことで、
自分の好きに動けるような自由を、
そういうときでも感じていたかったのかなぁと思うのです。


 …やっぱり、ヒトと一緒に働くってことは、
それ自体なかなかにしんどいことなんだよな、と思います、はい。
…いやそれがイヤだとかダメだとかでなく(笑)

大概のひとは、普通にそれをこなしているのでしょうけどね..