転居に関わるあれこれ

  • 2011/04/30(土) 23:30:20

今週から、住所地が変更になりました。

 遠距離通勤のデメリットから開放される喜びは、
(偶に当ブログでも愚痴っていましたけど)
やはりどうも、大きいようです
(一番最近の旧住所地への帰宅の際も
 事故で電車が止まり心底ウンザリさせられた..)
 先日の休日など、
「夕方に思い立って職場に出向き、少し事務仕事をする」
といった芸当を実践できる現状というものを認識できたわけで。
(以前の距離感だと、そんなこと絶対できない)
まぁそこで勢いづくと、
益々仕事だかプライヴェートだか分からなくなるので、
それなりに気をつけないといけませんけど。

 私は..
環境が変化することからかかるストレスが異常に大きい方なので、
これまでも極力、自分を取り巻く環境をとにかく変えないよう、
特に仕事上ストレスが大きくなる時期にはこれに配慮しつつ
人生を送ってきたので..
その分、変化に関わる様々な経験↓を人並みに積んでいない。


 今回いろいろな届出関係で役所に行った際に思ったこと:

 まぁ特定の窓口に行き手続きをしつつ、
それに関連するであろう(と私が思う
他の事務手続きの詳細を聞くと、
担当者が即座に近場の同僚数名と相談に入り、
挙句に上役が出てきて
「当方では分かりかねる。○○の窓口で聞いてほしい」
とのたまう。
で、言われるままそちらに行くと
(予想通り)「(その対応は)うちではしていない」とか言われる。

 ..それについて別に怒るでもなく、
これがかの有名な「お役所のたらい回し」なのであるなぁと慨嘆しつつ
(*まぁ急いでいたら私だってキレてたでしょうけど)、
 …これは偶々私が行った役所の窓口に
特有の出来事なのかもしれんと、周囲に聞いてみても
やはりどなたからも
「どこでもそんなものですよ」という答えが返ってくる。

 その際想起させられたのは..
自閉症なり発達障害なりの、
「自分と関わりのない/興味のない情報には徹底的に興味を示さない」
といったあり方について、だったりしたのでした(笑)
 別に職員個人個人がどうのこうのではないのですが、
組織として..上記したような意味での”自閉的”という状況は、
まぁ民間で普通に仕事をしていれば
基本「ありえない」ものである一方、
役所仕事だと「かなりあり」なのだろうなぁ。
(組織の縦割り構造が強固すぎるとか?)

 私が違和感を感じたのは、どちらかといえば..
私の前に就いていた職場(公的機関)では、
その種の上記したような
「ほんの少しでも自身の業務を外れる対応について、
 基本的に反応しないし思考もしない。思考しようともしない」 
(例えば私だったら..
 利用者に聞かれてとっさに答えられない事柄があれば、
 その場で反応できなくても、気になって調べたりひとに聞いたりして、
 後で同じ状況が生じたときに対処できるようにすると思うのだけど..)
という反応とはベクトルが真逆の対応が普通、であったからです。
(これについては機関の性質としても..
 相談の対応範囲が広く、
 その性質上、他の機関情報を提示することについて、
 元よりかなり積極的であったとは言えるのかも)

 まぁ「お役所の事務仕事」と「福祉の現場」だと、
対応にはそれだけの温度差?
があって当然かもしれないのですけど。
 それは分からなくもないのだけど、
前者の対応って基本的に、
「(利用者である)市民の福祉に沿ってはいない」よね、と。
 その対応の妥当性について、
如何に役所の側から「それなりの理屈」がつけられたとしても、
それに対し人として違和感を感じなくなってしまう
職員/個人というものには、少々寂しさを感じなくもない。

 ある組織に属して、そこのやり方に慣れてしまうと、
「そのシステムのあり方こそ自然/普通/正当」と感じてしまい、
それに疑問を持つことができなくなる。
 故にシステムの批判は、
基本的にその外部から行われなければならない道理なのでしょう。

 私はどのような事物も、
他者との比較によって、相対的な価値基準の中で
位置づけて扱うべきだと思って仕事をしているのですが、
(これまでも何度も何度も採りあげてきた”評価”ですが、
 評価って、基本的に「他のものとの比較」を前提に生じるものだと思う)
 その..”他者との比較”という発想自体、
日々それなりの経験/訓練を積んでいないと
発想しづらいことなのかもしれません。
 お役所自体、原則として同地域内に比較や競争の対象のない、
まぁそういう意味では”絶対的”な存在なのでしょうしね。


 で。

転居先はk奈川県のK市なのでした。
「職場の至近に住む」という発想は元よりそれほどなくて。
「東京都」にも職場のある地域にも、
個人的にそれなりに思うところはあり、
それはここでは書かない方がよいことが圧倒的に多いのですけど(笑)
何よりも「自分の住まいの近所のその辺りに、知り合いがいるかも!」
という緊張感が、私にとってはかなりストレスフルなのです。
(実際現在は、そのストレスが全く生じていない)

 まぁ..
様々な状況下における喫煙という行為に対し
「より厳しい」という印象のあるK奈川に惹かれ、
西大井からのアクセスを考えるとこの辺りかな、と。
結果として多摩川を越えるので、先の規模の大地震でも起きれば、
やはり帰還のハードルはかなり高めなのですけど。
 一方で意外に..職場へのアクセス経路は複数保たれており、
その辺りはかなり満足しています。

 K市は..
品川(から徒歩で行ける)と横浜のキャンパスに通っていた
(そして後者には一時期住んでいた)
感覚としては、「品川と横浜の途中」という印象しかなく、
実際これまで一度も駅を降りたことすら、ない。

 先日の役所巡りに関連して初めて駅周辺を歩きましたけど..
こんなに(*駅周辺は)整備されてて
綺麗で立派な街なのねぇと感心しきりでした。
 横浜についてもまぁ..
今回の転居によって大分アクセスは向上しているのですが
K市についても、これからいろいろと歩いて親しんでみようかなと思います。
(大田区のケースと喋っていると比較的K市のネタも聞くのですが、
 品川のケースだとそうでもない気が..私の気のせいかもしれませんけど)

 新住所地での生活は..
「とりあえず部屋に殆ど何もない!」状態からのスタートでして(笑)
実際引越しで運んだ荷物総重量の9割以上は本だった。

 自分の段取りの悪さに半ば呆れつつも、
(例えば「テレビ台が届いたのに長いことテレビが届かない」ような..
 実際にはそれはないのだけど、そんな感じの..段取りの悪さ)
現在は日々家具やら道具の購入に各所を巡り、
ここ3週間くらいは毎日毎日とにかくもぉ、
ウンザリするほど重たい荷物を担いで歩くことの多い日々なのでした。


 まぁ..当たり前のように身近にあるもの
(冷蔵庫とか!届くまでほんとに苦労した)が、
一度「ない」状況からスタートして、
それがじわじわと充実していくことを..
今はどうにか楽しむよう、努力しています。


 そういった状況や不都合を「楽しめる」のは..
遠からずそれらが満たされることを、
私が把握しているからに他ならないのですが。

 逆に言えば、誰かが何かを「楽しめない」のは、
その先への見通しが立っていないから、なのかもしれません。

K駅

大井町

  • 2010/09/25(土) 23:51:11

 ま、療育とは関係ない話です
(最近堅い/やたらと長文な 内容が多い気がして..)


 本日はアド街で大井町、でした
http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/100925/index.html
 ここ数年は仕事やその他の理由で一度でも行った場所であれば、
極力観るようにしています
(ここ数年中で、戸越銀座/武蔵小山/中延、最近でも立会川等があったような..)

 一応これも私の..
気を抜くと超パターン化/孤立した生活を送ってしまう
病への対策としての
「生活圏を拡げるプロジェクト」の一貫なのであり、
(数年前、何の気なしに手に取ったアトウッドのアスペルガー本
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4%E2%80%95%E8%A6%AA%E3%81%A8%E5%B0%82%E9%96%80%E5%AE%B6%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB-%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89/dp/4487761735
 を読んだ際、そこに述べられていた
 ”成人のアスペルガーの日常”とやらを目にして..
 血の気が引きました(笑) 
 どういう理由で引いたのかは敢えて述べませんけど)

 そういう意味では「ここ知っている!」とかいうよりは、
ここ面白そう/美味しそう、行ってみよう!という場所を探すために、
…結構真面目に、観るのです。


 大井町は..
私が品川区内で仕事を始めた当初、最初に通った街です。
規模もなんか適当な感じで(笑)
少なくともお高くとまった感じは一切ないし(笑)
適度に雑然としていて..結構好きです。

 とはいえ大井町は武蔵小山の商店街と並び、
”完全には気を抜けない場所”ではあるのです。
実際ヨーカードー内では、
かなりの確率で知っている顔があるので。
(ま、今後は順当に減っていくし、
 私も(有難いことに)順当に忘れていくので..
 一番困るのは元ケースだ!とは認識し、
 相手にも気づかれたけど、でも相手の名前が出てこないとき)


 以前は児童学園に(大概は就学相談関係だった)行く際に寄って
ぼーっとしていたモスバーガーも、
駅付近にあったよさげな玩具店も
結構通りがけに立ち寄っていた
阪急のブックオフ/ハードオフも今はなく、少々寂しいですが..
(とはいえ来年には阪急も再開。
 クリップ開始時に休止を悔やんだものですが..時間の流れは速い!)

 本屋は多くて、有難いですね。
比較的近距離範囲に5軒はあるので、偶に買いに行きます。
(まぁ毎日池袋の巨大書店に立ち寄れる現状では、
 品揃えには不満はあるのですが..)
 
 今回メインで紹介されていた東小路や平和小路は..
酒をほぼ飲まずタバコ嫌いの私には、やっぱり無関係な気が..
 
 食事先は..クリップ開始以降は(上記プロジェクトに関連して)、
時間ができた際にはなるべく意識して外出して外の空気に触れ、
いろいろな場所で食べるように!していたのですが..
やっぱり私が行くようなとこは
なかなか取りあげられないのですね(笑)

 それでも結構パターンを超えられない(笑)私としては、
駅近辺だと
・丸八(とんかつ)
・プロヴァンス(洋食)
・ハピネス(三つ又付近 喫茶)
・ミカサ(洋食)
・とよや(仙台坂 ラーメン)
などに..それぞれ偶に、行きます。
他にもいろいろ行ってはみているのですが、
通っている/通いそうなのはこんな感じ
(*今気づいたけど、洋食が好き..なのか?)

↑しかし..大部分が喫煙可の場所なのだよなぁ.. 
アトレだとランチタイム全禁煙なので、助かるのですが。
 
 いろんな意味で有名なブルドックは..行けない。
某番組等で「汚い」とかいうイメージがつくと..
なかなか思い切れないようです。


 西大井が採り上げられる日は..来るのでしょうかね(笑)
まぁ私は意外に最初っから、西大井の佇まいは好きなのですけど。
 駅前の中華は結構美味しいし。

大井町イメージ

外回り

  • 2009/05/15(金) 23:13:06

本日は外回りの新しいお仕事の、初日
↑要するに「自転車の原因」

まあ巡回相談であり、それは前の職場でもしていたり、
昨年もしていたことではあるのです、が。

 巡回相談そのものについては、
…職務上書けないことが殆どですね
今後もこの場で、「今日見たお子さんがどうのこうの」等を書くことはあり得ません。

 前の職場に居たときは、巡回相談には
「組織の代表として」行くという気概がありました。
機関の職員として行く以上は、自分だけでなく、
その職場も込みで少しでも高く評価され、よい仕事が回るように!
(端的に言えば、私が少しでも○カに見えず、有能に「見える」ように)
と、自分なりに気を張っていた部分があり..
(当時はその職場自体が新しくて、知名度を上げるために努力したり、だった)
報告書とかも、非常に気合入れて書いていたものです..
…それが当時の私の仕事の精度や質を上げていたかは、
今となっては定かではありません(笑)

…昨年からはその辺り、実に気楽ですね。
とりあえず仕事を請け負ったのは私個人だし、
単純に自分としていい仕事をすればいいのですから、それはもぉ、楽です。

 さて本日、某所で仕事をしていて:
「前の職場の頃に巡回相談を受けて行っていた頃だったら、
 こういう子だったらこう助言したんだろうな..
 でも今の私ならそうは言わないで、代わりにそれとは異なるアドバイスをする」
…という認識を得ました(ご丁寧にも先方に対して、わざわざそう説明した)

これは要するに、従来なら

・「一般論としての”ある状態像の子ども”に対するアドバイス」
 で済ましていた部分に、更に
・「現場で垣間見えるその子独特の属性や特徴」
 の要素を加味して見出された、新たな所見を述べる、
という辺りの変化、でしょうか。

…その指摘が、今回の場合実際に的確なものであったかは
この時点では判然とはしないのですが、
とにかく今の私は「昔の私がしない相談/指摘/仕事」を、
しているのであるなと、今回の仕事を通じて気づかされたのでした。

 そうして「前とは違う」仕事になること自体についても、
いろいろ思うことはあるのですが、
(それは前にしてきた仕事に対するある種の裏切りや矛盾になるのでは?とか..)

…ま、 「今あるものでできる、一番いい仕事をする」 
のが私の信条ってことで、いいのかな。


 終了後は自転車の慣熟のためも兼ねて、
某所→大井町ヤマダ電機→赤ちゃん本舗(@TOC)→クリップとまー、
都合1時間くらい移動に費やしました。
昨日の時点で「立ちこぎなんて、ありえねー!」と思っていたのですが、
…できますね(笑) 
昔の自転車だと、「立ちこぎしないと進まない」くらいだった気が..
 やっぱり(特に子どもの頃)身体が一度覚えた機能は、
どうにか取り戻せるものなのですねぇ。

その甲斐あって、欲しい教材を買うことができました。
(ヤマダにはキャラクター物で高くて、
 ゴテゴテ機能がついたver.はあったのだが、買わずに正解)

 …文字学習や、場合によっては簡易コミュニケーションボードとしても使える、
端的に言えば「あ」のボタンを押せば「あ」といってくれる機械、が欲しかったのです。
 既にクリップには中古で買った文字学習用機もあるのですが、そいつは
 「あ あひるのあ」 と言いやがる(笑)
これでは発語が困難だけど文字→コミュニケーション理解と使用につなげたい子、には使えない!

 で、これ。
安いし大きさも手ごろだしキャラクター色もないし、機能も充分。

 しかしいざ使ってみると
(…しばらく入力しないと) ボタンを おしてね!」 と言いやがる(笑)
…更に入力しないと、「ばいばーい、まったねー」
とか言って(スイッチON状態なのに)電源が強制的に切れる(笑)

 ま、これは良心的機能でしょうか..
前の職場では、倉庫の中で(誰かが電源消し忘れて)
「○ンパンマ○の ひらがな おしてあそぼう!」
とか定期的に、延々と喋っていたこともあった。
 
 その現場に、宿直していて出くわしたりすると、しみじみ怖かった..

あいうえおボード