久しぶりに、購入物

  • 2013/04/29(月) 23:01:49

4/28(日)には、
2008年のクリップ開室以降なんとなく..
毎年恒例で行くことにしている
ボードゲーム関係のイベントに行ってきました。

 同日の午前には科学技術館で開催される別のイベント
(こっちは玩具関係)にも参加して。
こっちはこっちなりにいろいろと買い込みました。
科学技術館のミュージアムショップでも、その他購入して。
(*最近気付いたのですが、
 私は美術館や博物館それ自体よりも、
 ”ミュージアムショップが好き”なのでした)

で、午後にイベント会場を一回りして、
速攻で買い切ったゲーム類:

 _汎眄手工業っぽい代物ですが..
 
 ”私の発想しそうな”課題に使えるカード類:
 使い方は..まぁご想像にお任せしますけど。
 
 こういう発想は自分の中に在っても、
 実際にカードを作るのはめんどくさいので(笑)
 ま、あると結構有難いのです。

◆^貂鯒あたりにドイツ年間ゲーム賞を受賞、だそうで。
 一緒に居た某ボランティア氏が実際にその場で実践して
 「面白かった/クリップで使えるのでは?」と仰るので。
  私はまぁ..”専門家として”
 ゲームをちょっと見れば 
 その種の課題に使えるか?そうでないか?
 の識別はできますので。そのままやらずに買いました。

 まだ弄っていないのですが、
 ”2人対戦用に制度化したジャンケンゲーム”
 のカードゲームです。

ぁ〃觜祝菁ゲームを買わせて頂く
 某アイディア系工房の新作。
 これもこれから弄ってみなければ..


 ここしばらく、
新しいゲームや課題を購入していなかったので、
結構購入欲がスパークしてしまいました..

 ゲームは
.襦璽(決まりごと)を意識させ、強制させる
 (守らなければゲームでもなんでもなくなる..)

▲襦璽襪僚綣蕕
 ”勝利への希求”という形での思考の方向付けによって、
 実施者の動きや思考は結果としてかなりの制限を受けるが、
 正にそのことによって!
 実施者が対戦相手の思考の流れを、
 それと認め把握することが可能となる。
 (→相手の考えを読むことが”課題として可能”となる)

 という点において、相変わらず得難い代物なのです。
..こういう発想でゲーム類を課題として設定して、
実施するというのは、
療育の機関としてもなかなか珍しいのでは?


 個人としてはなかなか手が出ないお値段(や、大きさ)
のゲームもありますが..
仕事で、経費で落ちるなら、買えます(笑)
 実際上記の性能を正しく発揮できるゲームであるならば、
それなりのお値段でも全然文句はないのです。

 そうやって..
療育に資するという意味で、
購入対象もそれなりに限定した範囲内に収まりはするのですが..
5年間で”個人としてはかなりの量”
のゲームを所有することに相成りました。
 
 しばらくはまた、
年齢や能力の高いケースにお相手をして貰いつつ、
これら新しいゲームの
”性能”を試してみようと思います。

かけるかな

クワークル

グースカパースカ

サークルリバーシ

ゲームへの姿勢

  • 2013/03/20(水) 23:52:51

 先日自宅に遊びに来た友人と、
新規に試したゲーム:

 ..1年以上前に購入した気がするんですけどね..

*実際には2011年11月でした↓
http://clipsince08.dtiblog.com/blog-entry-277.html


 二人用対戦ゲームで、
対象は小学生..個人的な感覚としては高学年以上、
という感じで。ちょっとファンタジー入っていて。

 ルール自体は、一見したものよりも
だいぶシンプルで理解も早い、
でも対戦型のゲームとして求められる駆け引き要素も充分存在し、
同時にある種のストーリー性も、ある。
(これは実施していて不思議に感じるけど..
 自然にストーリーが湧いてくる)
 実力だけで勝負が決まらず、
まわってくるカードによる「運」の要素は、結構ある。

 総じて予想以上に面白いゲーム、
「よくできた」ゲームでした。

 それが確認できたので、
今後は徐々に仕事で使っていこうと思います。


 一方で同日再戦した

バトルライン
http://clipsince08.dtiblog.com/blog-entry-89.html

の面白さはやっぱり出色、なのでした。

同レベルの大人が対戦することを考えれば、
これ以上に深くて面白いゲームは、やはり類を見ない。

 でも仕事で少々使いづらいのは..
一つの勝負にやや時間がかかる(15-20分)..
ことでしょうかね。


 当方ではこれまでもいろいろと、
仕事(特に個別指導場面)で用いるゲームを用い、
ブログでも採り上げてきましたけど、
やはりその..
「一ゲームに時間がかからない」という要素も含めると、

 ここ数年の(私の)個別指導
及びグループ場面において使用されるゲームとして

・コリドール
http://clipsince08.dtiblog.com/blog-entry-257.html

・SIX
 (*SIXは課題として大変面白いけど、
  ブログで一枠設けて採り上げた経緯は、ない)
http://clipsince08.dtiblog.com/blog-entry-184.html

やや落ちで
・ガイスター
http://clipsince08.dtiblog.com/blog-entry-64.html

 あたりが、
主力級/スター級の扱いですね。

それ以下ランクで、
Linja、アバロン、どうぶつしょうぎ、ブロックス、slipeとか..


 個人的には
(ゲームに全く偶然の関わる要素がなく、それだけに
 他者の意図を察する/検討する 
 スキルを総動員する羽目になる)
コリドール・SIXの二つについては..
仕事的に本当に重宝するなぁと思うのでした。

 そうして運の絡まない実力勝負になると、
その勝敗を大人の側で制御しやすいというのは、
仕事的に意外に重要。

(*年齢も能力も高い児だと、
 最近は実力で普通に私に勝っちゃうので、
 それはそれで困る..
  実際この日は、
 ゲーム偏差値的に私よりも高い
 その友人と対戦して意見を仰ぐことで
 バトルラインの、修行/レベルの底上げ をしたのでした)


 最近某脱力系サイトの企画で、
ある親が自分の子(幼児)に片端から
よさげなゲームをしかけて様子を見た、
という報告があって、これにざっと目を通したのですが、

 その結論は

子どもは (面白かろうが面白くなかろうが)
 自分が勝てないゲームは、嫌い

 (笑) 

 でもこれは意外に、大事な認識なのだと思いました。

 幾ら鍛えるため、忍耐心を身につけるためといっても、
子どもにひたすら敗北を強いるような関わりは..

(ゲームに限らず)
おそらく指導上の効率は、極めて悪いのだと思います。


 まぁアレですね。
大人でもゲームに勝てないままだと機嫌が悪い奴って..

 ガキですよね(笑) 確かに。


 私は各所で公言していますが、

 ゲームを本気でやらない奴
(*大人も子どもも)は、大嫌いです(笑)
 負けて口惜しがらない奴も大嫌い。
ゲームをする以上は誰でも、
自分が負けないように最大限努力してほしい。

それがゲームと、対戦相手への礼儀だと思うので。

*私が「仕事で」児とゲームをするときは、
 上記の意味における本気ではありません。
 仕事なので。
 それなりの意図をもって取り組んでいるので。はい。

 その上で、
「いい対戦/ゲーム ができたこと」
を純粋に楽しめるのが、
子どもではない大人の在り方だと思います。

 まぁこの辺りは一般論としてではなく、
あくまで個人的な見解として。ですね。

ドラゴンの心臓

ドラゴンの心臓02

11月の

  • 2011/11/27(日) 23:50:34

 11月は..
前半にやや長めのお休みをとったりした一方で、

例によって体質を変えるために実施した試みの結果として
月末に体調を崩したり(6月末に仕事を休んだときと状況は近い)..

 そんなこともありまして、
何やらゆっくり思い返すこともないまま、
過ぎ去ってしまうようなそんな印象が..
まぁ大きなイベントもなかったしねぇ。

 クリップ的には指導室に(まぁ指導に資するための)
新しいモノを置くため(12月中に正式稼働の予定)
今はそれなりに忙しく過ごす日々なのでした。

 12月は..
お泊まり会もあるし、1月の合宿関連の諸作業もあるし、
あぁそういえば年賀状を書かねば!
とか思い返して既にグッタリしているのですが..
 まぁ12月は誰にとっても忙しい月なのですしね。


 で。
前半のお休みでしたが、
今回はお金的にアレで(笑)旅行には行かず、
代わりに近辺で「これまで行ったことのない場所に行ってみる」
をコンセプトに、毎日いろいろと..巡ってきました。
とはいっても、仕事関係の玩具や教材の店あたりが
それぞれの移動先への主たる動機になっていた部分が
大きかったりするのでした。


その購入物:
(他にも小物はいろいろ。クリップの玄関に置く系の視覚玩具とか)

net上で評判のよかったカードゲーム。
 購入後まだ試しの段階です。

△海譴
 http://clipsince08.dtiblog.com/blog-entry-257.html
 で示したコリドールと同系統の二人対戦ゲーム。
 少々お高いので購入を控えていましたが、ミニ版が出たので。
 (コリドールも同じく小さい廉価版が出た)
 …「自分の置くコマ(の種類)を相手に選択される」
 というコンセプトにちょっと面白さを感じたのでした。
 まだ一度しか試していませんが、
 コリドールの完成度には達していない印象。
 もうちょっと試してみます。

F鷽預仞鏃燭離侫.鵐織検璽皀繊璽佞發痢
 二人対戦でこの分野だと
 依然、”バトルライン”最強!という感じなのですが、
 アレは中学生くらいでないと流石に対応できないので。
 もう少し平易なものという辺りで探しました。
 まだ試していません

ち瓦買うつもりがなかったのですが、
 上記を買うために寄ったお店で、あまりによさげな気がした(笑)ので。
 ボードゲーム(カードゲーム)でボクシングを!
 するというだけで何か妙にイケる気がしたのです。
 ボードゲームなのに”リアルタイム”を謳うというのも、異常に気になる..
 まぁ..ネタゲームな予感も、濃厚に漂うのですけど。

コロレット
クァート
ドラゴンの心臓
リアルタイムボクシング