地震の後:個人的に思うこと

  • 2011/03/14(月) 23:19:38

 …結局地震の翌日。
3月12日(土)は、無理やり来させたシライ先生込みで、
結構な数のケースを相手に、概ね普通に仕事をこなしました。

 地震についての心配等も、
二日目にして当然皆無ではないものの、
”であればそれをいつまで心配し続ければよいのか?”等考えるに..

…どこかで
「なるようにしかならない」
「なってみたらそのとき」
 としか言いようのない、
そういう処理しかできない自分が、居ます。

 こういう私は..
割り切りがよ過ぎるというか、
やはり冷静というか冷酷だったり、
するのでしょうかね..


 とりあえず誰しも思うように、
「今自分にできることを、懸命にするしかない」
という思いも、あるのですけどね。

 
 そして仕事の後で帰宅して..
家がどうなっているのか、何気に心配していたのですが、

 …笑えるほど、何事も、なかった。
室内には相当に”倒れそうなもの”があるはずなのに
(しかもクリップのように何にでもつっかい棒を入れてるわけでもない)..
何一つ!落ちていないし倒れてすら、いない。

 その後も、世間ではいろいろと地震もあるのに、
(クリップで寝泊りした2日間、それなりに揺れを意識できたのに)
 …全然揺れない。
”ここは同じ日本なのか?”と不安になるほど。
S玉県T沢市は内陸/遠隔地過ぎる、のでしょうか。
 

 その後の二日間は、
11日と12日には職場でワンセグの小さい画面でしか見れなかった
TVでの報道をとにかくひたすら見て、見まくって、過ごしました。
そして(日本のひと皆が、今正にそうであるように)
いろいろなことを考えました。
(私の考えることなので、
 中には相当に不謹慎な思考も多々あるのですが..)


 今回の地震とその後の災害を評して
”日本最悪の日” という表現がありましたが..
 私を含め戦後生まれのひとにとっては正に、
2011年3月11日は、そういう日になるのだと思います。
その日以前と以後とで、
人生を明確に区切って認識することになるような人も..
或いは多いのかもしれません。

 実際に被災したひとに留まらず..
数百万人..ひょっとしたら数千万人ものひとの生き方を歪め、影響を与える。
それだけのインパクトのある事態だと、個人的には思っています。


 被災地の一つである、仙台。
昨年の4月に初めて訪れた後、
自分でも理解できないまま妙にその佇まいが気に入って、
その後お休みの度に何度となく
(その回数と頻度をここで述べたら、大概のヒトがちょっと引くくらい)
訪れ、歩き、親しんできた街でした。
一番最近は、この2月の末!(実際それから2週間も経っていない)
 そのときもなんだか..
大量の読書して本屋をブラついて、
お茶飲んで読書して何故かホテルでPC借りて仕事に没頭して、
そんな感じでしたけど(笑)



 私は、ここしばらくの間、
いろいろと「個人的にお勉強」をする中で、
発達障害という”状態”を受け容れる枠組みとしての、
現代の日本社会の在り方(というと大上段過ぎてアレですが)
に対し、概ね「明確な絶望」を、胸に抱いてきました。

 現状認識にしてそんな感じであり。
ましてや10年後、今私が関わる子どもたちが社会に出る頃の
日本の社会/経済のあり方の中で、
彼ら/彼女らがどれだけ粗雑に、いい加減に扱われ、
そのときに”上”に居る連中から
一方的に搾取され、いいように扱われることになるのか?
(その一方でまぁ..
”教育”という領域では、今後もそこそこ対応はマシになるかな?
という見通しも、あるにはあるのだけど。
でもそれがそのまま社会に波及するとは、到底思えない)

 それを思い、個人的にはここ数ヶ月、
かなり(精神の根底の部分では)気の滅入る日々を送っていたのでした。


 
 ただ、この震災によって..
その見通しが変わるのかもしれないな、
と思ったのです。


 自分の”少々の”利益や都合を、
他者への気遣いや礼儀作法の遵守に対し、
あまりに簡単に優先させてしまう、
といったひとの在り方が、多くのひとの意識の中で、ここまで少々..
「行き過ぎていた」という印象を、受けていたのです。
(それは個人としての人の中にも、なのですけど。
 大企業その他の”大きな組織”の、
 貪欲で、そしてあまりに人を軽視する姿勢なんぞには特に、でもある)


 …巨大な災害。
ひとの力では絶対にどうにもならない事象を目の当たりにして、
そうしてひとが、少しでも様々な事象に対し謙虚になれたら。

 巨大な災害と、それが今後自分達にもたらすことになる
”小さくない不都合”を、ここで甘んじて受けることができたら。

「自分よりも辛い」状況にある多くのひとを想うことで、
自分の今感じる少しばかりの不満を、
少しでも押し殺しせるようになれたら。

 自身を取り巻く事物に対し、
今よりも少しでも、真剣に向き合うことができれば。

 自分の欲求を一義的に考え、
それを自然なことと認識するのではなく!
身の回りのひとへの気遣いを自然に、増やしていくことができれば。


 …今、自分が社会的・経済的に
”イケてる”状態にあると思っている連中が、
それは
自分が有能だから/努力したから/
生まれながらに優れた存在だから/”良い”存在だから
といった感じに自惚れるのではなく、
 それは単に自分が..
「偶々恵まれているから」 
単に運がよかっただけ” なのだと思う事ができれば。

 そしてそう思えることで、
今、恵まれているといえない状態にあるひとたちを
能力がない/努力が足りない と簡単に処断することなく、
それは”単に運が悪いだけ”であると思えることができれば。


 そうすれば。


 …それで単純に経済状況が好転するかはともかくとして(笑)
今あるような、ごく一部の富めるものの、
そうでない者に対する一方的な搾取を是とする社会の在り方というものが、
或いは変わるのかもしれません。


 とりあえず、
真面目に働こうと思っているひとにきちんとした仕事があり、
とりあえずひととしての、
ひとらしい生き方(*定義が曖昧ですいません..)
を”望む”ことのできる社会。
 それに少しでも近づいてくれるとよいなと思います。
(*更に加えてあくまで個人的な希望を述べるなら..
 意図してチャラい仕事や手抜き仕事をするひと、
 職務上明確な失敗を犯しながらそれを認めないひと、
 自分の立場に応じた権利や利益を当然のものとして享受する一方で
 相応の責任を負わないひと共が..
 等しく罰を受ける社会 というのが、
 私の好みなのですが..)


 この災害と、そこで目にした様々なひとのあり方、
そこから自分たちが考えたこと、
実際に行ったことや決断した様々な事柄を機に、
(*この災害が..
 ”そのために必要だった”などとは、
 勿論決して、言うつもりはない)

 少しでもひとの中のそういう方向性、
前向きさや優しさ、誠実さやひたむきさ、
「ひととして生まれた以上、真っ当でありたい」
と思える部分が新たに機能し出して、
(*私は、とりあえず「昔はよかった」とか、
 そういう言い草を安易に使いたくないひとです)

 そんな在り方が少しでも
多くの人の中で、自然に、扱われていけるようになれば。

 誰もが
「自分のことだけを最優先する生き方」を
ごく普通に「かっこわるい」と見做せるようになれば。

 自分のすこしばかりの不都合が..
本当に”ちょっとばかりのこと”なのだと理解して、
それを他者に資するためにより適切に扱えるようになれば。


 そうしたら、
或いはこの国のあり方というものも、
変わることができるのかもしれないな、と。


 あー私がそのために、
積極的に何かをするつもりは、ないです(笑)
私は基本的に社会正義のヒトではないので。

 ただ療育という枠組みで
子どもたちに教えなければいけない本質的な事柄として
 「お前は一人で生きているのではない」
 「お前の認識は”絶対”では、ない」
 「常に他者は、居る/在る」
 といった内容はあるわけで、それはまぁ..
上記してきた事柄に”最終的には合流し得る”
内容なのかな、とは思っていますけど。



 今回 ”偶々幸運にも” 被災しなかった、
とりあえず今に至るまで直接的な害を受けなかった私たちは..

 少なくともそういった方向性を志向する
”義務”を感じて残りの人生を生きていても..
 いいと思うのですけどね。

地震当日

  • 2011/03/11(金) 18:31:20

 地震..

都内最初の/最大の ときは、相談の最中。

 個人的には人生で経験した中で最大級の揺れ、でした。

 で、ケースと一緒にとりあえず外に出るという判断をした私は..
事務所の耐震能力を信用していない、ということですかね(笑)

 教材棚の一部から物が「それなりに」落ちた程度で済み、
別に実害はなし。
(玄関横、書棚上の薬剤缶関係は、そこそこ倒れた/落ちた)

 現状で電車は完全に停まっており
遠距離通勤の我が身としては、
帰宅は..リアルにきつそうです。

 翌日、出勤の難しさも想像すると..
…事務所に泊るようかなぁ銭湯あいているかしらん。

 とか書いていたらたった今!
本日中の路線復旧なし、との情報が入りまして。


 …さいですか。
まぁ寝袋その他グッズは充実しているし、別にいいけど。

 なもので今は駅から再び事務所に戻って、
溜まっていた書類を打ったり資料を作ったり..
あとで食事の買い出しにでも行こうかな、と。


 とりあえずケース及びクリップ関係者の皆様と、
その係累の方々に大きな被害や実害のないことを祈りつつ。

 …よく考えたら自分の家族とか家/自室の状況も、なのですが(笑)

情報提示

  • 2011/03/01(火) 23:14:01

2月も終了。早いです..

あと一ヶ月で次年度体制になるわけなのですが、
次年度は次年度でいろいろと変化はあるので、
それに向けていろいろとせねば、なりません。
(なんだかんだで「毎年結構いろいろと変わるよなぁ」と思う。
 私は基本システムまわりは変わらないほうが好みなのに..)

 …2月くらいから、小集団なりグループの中での手ごたえというか、
当方からの声かけなり指示なり、総合的なノリに対し、
ケースたちが”馴染んで”全体に集団としての理解や動きの水準が、
一気に向上してくるという感触を得ています。
(実際よくよく考えると毎年、
 2月とか3月にはそんな感触を覚えている)

 そんなときは..
個別の指導も面白いのですが「集団も面白いなぁ」と思うのです。
こういうのは集団指導者の喜び、なのでしょうねぇ。


 さて上記とは別に、最近考えること:

 http://clipsince08.dtiblog.com/blog-entry-244.html
 等の内容も関わりがあるかも。

 相談する側から保護者の側に流れる(ケースの)情報とその扱いについて。

 相談者は相談者としての専門性の下、
概ね保護者には見えない/反応できない類の情報に反応したり、
通常条件では”拾えない”データを、指導等の関わりの中で得たり、
長期的な見通しを持つに至ったりして
(勿論その逆に、日常での動きや学校での状況など
「相談者の条件では拾えない」データについては、
 保護者から提供して頂くことになる)  
それを適時保護者の側に流していくことになるわけです。

 この伝え方や情報の質/量というものについては、
データを有している側がそうでない側に対し、
常に「ある種の制御をかける」状況になるわけです。
 例えば相談者がある情報を得ても、
それを保護者に伝えようと決めるか、伝えることはよそうと決めるか、
判断できるのは常に相談者の側、ということになる。
そもそも情報が「在る」ことそれ自体を先方に伝えなければ、
相談者として保護者の側に情報を流すかどうか
先方に確認する必要すらなくなる。

 それはサービス業の観点ではいえば、
「建前上」そこそこ問題になる部分でもある。

 例えば各種心理検査の結果等の、
"きわめて重要な個人に属する情報”
の扱いの場合などが代表的なのでしょうが、
この種のデータの表示についても、
実際には相談者個人や機関の意思によって、
さまざまなアクションが選択されていく。

 私は基本的に、
「データとその流れを一方的に握る」
相談者なんぼのもんじゃい、というか..
ケースに属する情報を勝手に握って、
それを一方的に制御するとは..
相談者なり情報/認識を持つものは、
一体何様なのか? そんなに偉いんか? 
といった類の疑問を感じることがしばしばで、
 勢い基本的には自分が職務上得たケースの情報や認識については、
保護者の方に対し(…しばしば度が過ぎる程)
正直に語ることにしているのですが。

 じゃぁその態度が常に正しいのか?
というと、全然そうでもない。

 …例えば、
「(死を一切想定していない相手に)、
 余命一週間ですと伝えてとんでもなく驚愕/恐怖させる」
ことが、対応として良いといえるのか?
…等の種類の問題なのでしょうかね、これは。
 よりリアルな展開に近づければ
「この子は多分有意味語を発することはない」
「○○に至るのは不可能に近い」
と一方的に分かっている場合、
相談者はその認識を即座に保護者に伝えるべきか?とか..


 もうひとつ。
いずれにせよ人間の伝える能力には限界があるわけで、
ケースに応対したとき個人の得た「全ての」思考や感触や印象を、
全部言葉や文章にして伝えることは不可能なわけで、
情報の所有者が対象に情報を発信するその時点で!
当該情報には多くの編集作業が入っている。
ゆえに「全ての情報を完璧に」他者に伝えることは理論的に不可能!
といったような現実もある。

 結局全ての「情報を握る者」は、
相手がお金を支払うお客さんであれ何であれ、
ある程度自分の握った情報に対し、
何らかの制御をかけた状態で相手に送らねばならない。
その情報制御の権限を一方的に握った状態自体、
この専門家/非専門家 の関係性においては不変とすら言える。

 私は(上述したように)かなり正直に、
その際自分が得た情報と自分の認識を伝えるようにしているのだけど、
その場合に生じる問題というのも無論数え切れないほどあり、
実際には常に!必ずある種の制御をかけている。

 中でも特に最近気にかかることは

 http://clipsince08.dtiblog.com/blog-entry-240.html
 
の項でも述べたことなのですが、
「誰かに対し多くの情報を送ることは、
 送られた相手の、反応のハードルを上げることになる!」
 
という事実なのです。
相手に情報を送る行為それ自体が、
状況によっては相手に意図しないプレッシャーをかける
可能性があるということですね。


 実際私はあの項を書く直前まで、
そういう認識を自分の中に備えていなかったのですが、
だからといってそれ以前まで自分の得た情報を全く制御せず、
相手にたれ流していたというわけでは、さすがにない。

 まぁ「自分の属する組織がある線以上の情報提供を禁止しているから」
等というのは、情報制御の一つの分かり易い理由でしょうし、
もうひとつは..
「情報を得た相手の反応がかなり予想でき、
 それが個人の適応あるいは組織の利益にとって、
 当面望ましくないものと考えられる場合」
でしょうか。
 これをもっと平たく言えば「面倒な反応を引き出すのがめんどくさい」
とか?


 …別に答えを見出すことが目的ではないのですが、

・ある個人が他者に自身の有する情報を提示するとき、
 その情報は必ず!ある意図をもって何らかの制御を介したものとなる
・個人が得た情報や認識を、相手に完璧に/正確に伝える術は、ない
・個人が得た情報を全て!他者に伝えることは原理的に無理
・ある状況に対する「全ての事象」を把握することも、原理的に無理

 という辺りは、
特殊な情報/認識にアクセスし易い立場にいる「専門家」としては、
相談の前提として押さえておかねばいけないのかな、
と最近思った次第。
まぁこの認識にしたところで、
前提過ぎると言われればそれまでなのですが。

 突き詰めれば相談の仕事って、「情報を見出す」という行為を除けば、
来談者に対する「情報の制御/管理」だけなのかもしれないと思うことも、
しばしば。

 …この辺りは「相談」の難しさだなぁと思います。

 最近どうしても”指導モード”で考えたり動くことが多くて。
指導は楽だ!すべきことがきちんと見えてて、
それに向かえばいいのだから。とつい感じてしまうのです。

 翻って相談では..
とりあえず適切な目標やゴールが明示されない。
敢えて言えば、それは来談者の希望なり思いの近くに存在し、
成否判定もそちらの側に委ねられている。
 …しかし改めてこう書いてみると、
指導の成果は基本的に行動レベルで客観的に評価できるという点も含め、
両者の間にはその辺りの分かり易さの違いが如実に認められる!
のですねぇ。

 そんな状況で、相手の対応能力や処理能力
(先ほども述べたように、情報提示が対応のハードルを上げるので)
性格なり気質→データに対する反応パターンなども
ある程度想定して、正しく”臨機応変に”動かなければいけない..

 いや昔は基本相談しかしていなかったのですから(笑)
それが嫌いだとか苦手だとかで済ませるつもりはないのですが。

 つくづく「…相談って大変..」と思います。


 こんなこと書き連ねつつも、

「相手に属する重要情報を一方的に握っておきながら、
 それに一定の制御をかけていることを自覚しつつ
 関わっている、相談者としての自分」

 に対し、個人的には日々..
やっぱりどこかに納得のいかない!
部分を抱えているのです。

 ..そもそもウソかそうでないかで言えば、
明白に「ウソ」だしなぁこの対応って(笑)

 結局相談の仕事では
(知っていることを知らぬフリしたり、気づいたことを言わずにいたり)
”嘘を適切に扱う”作業ができないと、いけないのかしらん。
…そんな視点でなんとなく思い返すと。
私が(あくまで私目線で)「(相談に)向かないなぁ」
と感じた誰や彼やは..
確かに「私以上に嘘がド下手」だった..

 そもそもそんな辺りで疑問を感じるのは
私の相談者としてのダメさなのかと思いつつ。
 実際にはその領域でこそ、もっと冷静に適切に、
機械のごとく振舞えないと、ダメなのかもしれません。
 

 まぁ..
物凄く本音の部分で言えば
人間は(と今回もつい一般化してしまいますが)

「自分が知りたい/アクセスしたい情報は、得たい」
「自分が知りたくない、情報は知りたくない/知らぬまま済ませたい」

という水準で動いていて
(まぁ個人として、容易にそれを認めはしないだろうけど)、
その感情に即した形で!
様々な入力情報を処理しているのであろうな、とは思うのです。
とりあえず私は、そうだし(笑)
(故に先に述べた”来談者側の理想とするゴール”も、
 概ねこの近くにあることが多い)

 でも相手側のそのその思いにばかり付き合っていて、
「問題に直面化」する対応を回避させ続けてまで、
ケースや保護者と只「関係を継続させる」ことだけを優先するのも..
(実際にはその種の対応を意図してきちんきちんとしていくよう事を
 重要とするような心理的関わりは、
 カウンセリングをはじめ、心理臨床の場面ではかなり多いと思います)
とりあえず私にはどうも「向いていない」気がする。

 全てのヒトの人生とお金とが無限に続く/ある という条件下であれば
私にしても..いくらでも、誰に対しても、
呑気に、鷹揚に構えられると思うのですが。

 発達に対応する行為に際しては、常にそれが..
かなりの部分”時間との闘い”であるという要素が、
含まれると思うのです。

「発達も臨界期も、待ったなし」だと思うのです。

情報開示イメージ