言語による

  • 2013/03/30(土) 23:36:10

 最近あったやりとり:

対象は小学校高学年で、
軽度な知的発達面の遅れを有する自閉症児。

 そのまま書くとバレバレなので、
ボカして(やや表現を変えて)書くと..


 彼に曰く

1.終業式で○年生が襲ってくる

という。

 いろいろ聞いてみると
(その最中も1.の話題を繰り返し話そうとするが、
 断固として無視し、2.の話を正確に述べるよう指示し続けた)

2.昨年末くらいに、その連中と児との間でやりとりがあり
 (先方は遊んだ程度に思っているようだが、
  彼としてはいじめられたと認識しているらしい)
 その際に
 「お前なんか□年生じゃなくて、1年生だ」
 「(4月になっても)△(*○+1)年生になれない

 といったことを言われたとのことで..

 彼はその「△年生になれない/進級できない」
と言われたことを強く意識して、
結果として、彼なりの論理を経て
「終業式で襲われる」
 という結論に達した、ようなのでした。


 で。そこまで質問と内容確認を繰り返した
*(ここまで10分くらいかかっている)後で

・私:終業式で○年生が襲ってくると、
   そこ(12月)で実際に、そう言われたわけ?
・児:いいえ。いわれていません。

・私:4月になって実際に進級できないというようなことは、
   これまでに一度でもあった?
   実際にそういうことって、あるの?
・児:いいえ。ありません。

・私:では君は4月になると進級できるの?
・児:はい。できます。

・私:では終業式で○年生は実際に襲ってくるわけ?
   君は本気でそう思っているわけ?
・彼:..いいえ。
 (*ここまでに15分くらい)


 この件はある種、彼ら自閉傾向を持つ児の
記憶や認識の在り方、
時にそれが被害的な誤解に発展する思考の在り方が
どのように形成されるのかということについて..
私にとって大いに勉強になるやりとりでした。

 当該児はクリップで対応する、
知的能力に遅れを有すると「見做される」児の中では、
かなりその持てる能力の高みに到達したと思われる児なのですが、
それでも、その種の非合理的な思考に達してしまうことが、ある。

 いや逆に、言語能力やその論理的思考の水準が
ある段階まで到達したからこそ、
そういった妙な誤解や非合理的な思考というものも、
はじめて生じるものなのかもしれません。

(そういった思考の/認識の 誤りが生じたとき、
 当該児が自閉傾向を有していることが、
 その思考を他者に容易に示したり
 そうすることで家族など周囲の他者から、
 適切なフィードバックを得たりする機会が
 相対的に少なくなることも、
 誤りを生じさせ、維持する機会を増やしているとも考えられます)

 その一方で、今回改めて感じたことは、
当該児の言語能力や論理的思考能力が
そうした高い水準にあるからこそ!
きちんとした言語的やりとりを行うことによって..
その問題を初めて、見出し、分解し、解析し、
修正することもできるのだ! ということでした。


 言語を有するに至ったヒトの思考に、
ある種の誤った理解や
それに基づく適応上の問題が生じたときに、
それに対処できるのは..

 基本的にはやはり、
言語の力なのだよなと思います。

言語をもって!
問題を認識し、掘り下げ、解析し、
当人の論理的誤りや齟齬を見出し、それを指摘し..
そういったやりとりを通じて、相手の問題を修正していく。

 そうしたとき、言語は..
観察等の「問題を見出す」ための道具であるに留まらず、
当の問題を現実に切り開き、
それに対し施術すら行う..ツールであるのだよな、と。


 ひとがひとと対応する状況において、
これに勝るだけの有効な道具は、現実には殆ど、ない。

 だからこそ、
言葉でひとと関わる仕事をしている以上、
私自身が言語的に..
かなり”優秀な”状態になくてはならないし、
それを常に維持しておかねばならないのだよな、
ということを、再確認したのでした。はい。

  
 ..そうして言語的に対応できた児がいる一方で、
言語発達的に問題のない水準にありながら、
明らかに誤った/不適応的な 認識や思考方式を持つに至り、
そのまま定着してしまうような..
「大人」というものが、
そこら中に存在するという事実は..
どう説明されるべきなんでしょうかね? 

(最近だとやっぱり、洗脳ネタの某女性芸人とか?)

 言語が思考や認識、価値観を在り方を規定し、
形成するものである以上、
それについて意識的に関わり、
長い時間をかけ、認識の誤りを..
とんでもなく多数、複雑に積み重ねていくことを行えば、
(或いは自身の中で勝手に、その種の
 思考上の誤りが積み重ねっていけば)
そうして出来あがった、
とんでもなく複雑な、しかも不適応的な思考というものを..

 外部から、他者からもたらされる言語をもってしても、
それに容易に解析し、対処することは、
困難になっていくという感じでしょうか..

 同時に言語的に対応される当人が、
どの程度”他者との共通認識”の枠組みを
有しているか/残っているか 
ということが重要なのかもしれません。

 私はその場合に他者とのやりとりを行える基盤として、
当人が「論理性」を有しているかということが
重要なのだと思います。

 いくら言語的なやりとりをこなすことができても、
それを他者とのやりとりに適用し、なおかつ、
(自身とは異なる)他者の意見を、
時に「正しい」と認識できるためには、
 当人の中に事物を「論理」的に扱う
システムが、機能していなければならない。

 そういった論理が、ない/正常に機能していない 
個人に対しては、おそらくは..

 言語による修正も、機能しないのでしょうね。

 今回取り上げた児などは、
論理的に物事を処理する機能がかなりきちんと働いていたことで、
問題に対処できた、と言うことができます。

言語イメージ

ゲームへの姿勢

  • 2013/03/20(水) 23:52:51

 先日自宅に遊びに来た友人と、
新規に試したゲーム:

 ..1年以上前に購入した気がするんですけどね..

*実際には2011年11月でした↓
http://clipsince08.dtiblog.com/blog-entry-277.html


 二人用対戦ゲームで、
対象は小学生..個人的な感覚としては高学年以上、
という感じで。ちょっとファンタジー入っていて。

 ルール自体は、一見したものよりも
だいぶシンプルで理解も早い、
でも対戦型のゲームとして求められる駆け引き要素も充分存在し、
同時にある種のストーリー性も、ある。
(これは実施していて不思議に感じるけど..
 自然にストーリーが湧いてくる)
 実力だけで勝負が決まらず、
まわってくるカードによる「運」の要素は、結構ある。

 総じて予想以上に面白いゲーム、
「よくできた」ゲームでした。

 それが確認できたので、
今後は徐々に仕事で使っていこうと思います。


 一方で同日再戦した

バトルライン
http://clipsince08.dtiblog.com/blog-entry-89.html

の面白さはやっぱり出色、なのでした。

同レベルの大人が対戦することを考えれば、
これ以上に深くて面白いゲームは、やはり類を見ない。

 でも仕事で少々使いづらいのは..
一つの勝負にやや時間がかかる(15-20分)..
ことでしょうかね。


 当方ではこれまでもいろいろと、
仕事(特に個別指導場面)で用いるゲームを用い、
ブログでも採り上げてきましたけど、
やはりその..
「一ゲームに時間がかからない」という要素も含めると、

 ここ数年の(私の)個別指導
及びグループ場面において使用されるゲームとして

・コリドール
http://clipsince08.dtiblog.com/blog-entry-257.html

・SIX
 (*SIXは課題として大変面白いけど、
  ブログで一枠設けて採り上げた経緯は、ない)
http://clipsince08.dtiblog.com/blog-entry-184.html

やや落ちで
・ガイスター
http://clipsince08.dtiblog.com/blog-entry-64.html

 あたりが、
主力級/スター級の扱いですね。

それ以下ランクで、
Linja、アバロン、どうぶつしょうぎ、ブロックス、slipeとか..


 個人的には
(ゲームに全く偶然の関わる要素がなく、それだけに
 他者の意図を察する/検討する 
 スキルを総動員する羽目になる)
コリドール・SIXの二つについては..
仕事的に本当に重宝するなぁと思うのでした。

 そうして運の絡まない実力勝負になると、
その勝敗を大人の側で制御しやすいというのは、
仕事的に意外に重要。

(*年齢も能力も高い児だと、
 最近は実力で普通に私に勝っちゃうので、
 それはそれで困る..
  実際この日は、
 ゲーム偏差値的に私よりも高い
 その友人と対戦して意見を仰ぐことで
 バトルラインの、修行/レベルの底上げ をしたのでした)


 最近某脱力系サイトの企画で、
ある親が自分の子(幼児)に片端から
よさげなゲームをしかけて様子を見た、
という報告があって、これにざっと目を通したのですが、

 その結論は

子どもは (面白かろうが面白くなかろうが)
 自分が勝てないゲームは、嫌い

 (笑) 

 でもこれは意外に、大事な認識なのだと思いました。

 幾ら鍛えるため、忍耐心を身につけるためといっても、
子どもにひたすら敗北を強いるような関わりは..

(ゲームに限らず)
おそらく指導上の効率は、極めて悪いのだと思います。


 まぁアレですね。
大人でもゲームに勝てないままだと機嫌が悪い奴って..

 ガキですよね(笑) 確かに。


 私は各所で公言していますが、

 ゲームを本気でやらない奴
(*大人も子どもも)は、大嫌いです(笑)
 負けて口惜しがらない奴も大嫌い。
ゲームをする以上は誰でも、
自分が負けないように最大限努力してほしい。

それがゲームと、対戦相手への礼儀だと思うので。

*私が「仕事で」児とゲームをするときは、
 上記の意味における本気ではありません。
 仕事なので。
 それなりの意図をもって取り組んでいるので。はい。

 その上で、
「いい対戦/ゲーム ができたこと」
を純粋に楽しめるのが、
子どもではない大人の在り方だと思います。

 まぁこの辺りは一般論としてではなく、
あくまで個人的な見解として。ですね。

ドラゴンの心臓

ドラゴンの心臓02