久しぶりに、購入物

  • 2013/04/29(月) 23:01:49

4/28(日)には、
2008年のクリップ開室以降なんとなく..
毎年恒例で行くことにしている
ボードゲーム関係のイベントに行ってきました。

 同日の午前には科学技術館で開催される別のイベント
(こっちは玩具関係)にも参加して。
こっちはこっちなりにいろいろと買い込みました。
科学技術館のミュージアムショップでも、その他購入して。
(*最近気付いたのですが、
 私は美術館や博物館それ自体よりも、
 ”ミュージアムショップが好き”なのでした)

で、午後にイベント会場を一回りして、
速攻で買い切ったゲーム類:

 _汎眄手工業っぽい代物ですが..
 
 ”私の発想しそうな”課題に使えるカード類:
 使い方は..まぁご想像にお任せしますけど。
 
 こういう発想は自分の中に在っても、
 実際にカードを作るのはめんどくさいので(笑)
 ま、あると結構有難いのです。

◆^貂鯒あたりにドイツ年間ゲーム賞を受賞、だそうで。
 一緒に居た某ボランティア氏が実際にその場で実践して
 「面白かった/クリップで使えるのでは?」と仰るので。
  私はまぁ..”専門家として”
 ゲームをちょっと見れば 
 その種の課題に使えるか?そうでないか?
 の識別はできますので。そのままやらずに買いました。

 まだ弄っていないのですが、
 ”2人対戦用に制度化したジャンケンゲーム”
 のカードゲームです。

ぁ〃觜祝菁ゲームを買わせて頂く
 某アイディア系工房の新作。
 これもこれから弄ってみなければ..


 ここしばらく、
新しいゲームや課題を購入していなかったので、
結構購入欲がスパークしてしまいました..

 ゲームは
.襦璽(決まりごと)を意識させ、強制させる
 (守らなければゲームでもなんでもなくなる..)

▲襦璽襪僚綣蕕
 ”勝利への希求”という形での思考の方向付けによって、
 実施者の動きや思考は結果としてかなりの制限を受けるが、
 正にそのことによって!
 実施者が対戦相手の思考の流れを、
 それと認め把握することが可能となる。
 (→相手の考えを読むことが”課題として可能”となる)

 という点において、相変わらず得難い代物なのです。
..こういう発想でゲーム類を課題として設定して、
実施するというのは、
療育の機関としてもなかなか珍しいのでは?


 個人としてはなかなか手が出ないお値段(や、大きさ)
のゲームもありますが..
仕事で、経費で落ちるなら、買えます(笑)
 実際上記の性能を正しく発揮できるゲームであるならば、
それなりのお値段でも全然文句はないのです。

 そうやって..
療育に資するという意味で、
購入対象もそれなりに限定した範囲内に収まりはするのですが..
5年間で”個人としてはかなりの量”
のゲームを所有することに相成りました。
 
 しばらくはまた、
年齢や能力の高いケースにお相手をして貰いつつ、
これら新しいゲームの
”性能”を試してみようと思います。

かけるかな

クワークル

グースカパースカ

サークルリバーシ

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する