合宿1309

  • 2013/10/07(月) 18:14:26


 クリップとしては年間最大のイベントである合宿。
今年も無事終了しました。
今回も実施場所は一緒。

 参加児は幼児から中学生までの、計12名。
これに指導側と保護者を加えた参加人数は..
ほぼ昨年と一緒の規模ですね。

 昨年9月→今年の1月と連続で、この規模の合宿をまわして..
なんだかんだでひとが多く動くと、
それなりにいろいろと雑務が生じ、
ほんとにいい加減きっついなぁ(笑)
と思うことしばしばだったのですが。。

 今年は意外なほど..楽でした。

 楽な理由はひとえに、
児たちの動き方を変えたためと思われます。

 これまでは5名前後のグループを設定して、
それぞれに担当を決めて動かしていましたが、
今回は児たちを2名一組のペアにして、
指導側はそれぞれのペアの上位者にのみ集中的に指示を与え、
その形式で動かすことに専心したら..

 そこそこ楽なのです。

 上位者がだいぶこちらからの指示を理解して、
動いてくれているし、
これまでは保護者の方に手伝って頂いていたような雑務の多くにも、
彼ら上位者や指導経験の長い児たちを
どんどん投入させることができるので。
(児たちもそうした事柄に対する意識が上がってきており、
 総じてお手伝いが上手になってきている)

 そうした上位者(*年齢と指導歴が比較的長い児)が..
自分の面倒をみることを超えて、
他児の面倒を見ることが、
ようやく..意識としても技術としても、
できるようになってきて..

 子どもたちも、ここまで育ってきたのだなぁ!

という感慨に駆られるのでした。

 指導側としても、この形式の方が楽ですね。
5名程度のグループに声をかけても、
便宜上のリーダーは居るもの、
その児だけでは全体を見れず。
それ以外の児は責任意識がない/拡散しているので、
指示が入りづらい。
 この形式だと、少なくとも半数の6名は
上位者としての自覚と責任感
(限定された。それ故に理解しやすい)
を維持できているので。
こちらとしては基本的に上位者に指示を与え、
その動きを見守っていればよい。

 こうした構成/設定については、
2年前くらいから..
合宿の度に検討はしてきたのですが、
(動機や経験や能力を含め)
そうした上位者として動ける児が、
「それなりの人数」存在しなければ実行できない状況だったので。
それが今回でどうにか、実現したというところです。

 自身の行動制御にもそこそこ問題を抱える児が、
そうして上位者として下位の児の、
「他人の面倒を見る」
という経験の重要さについては、
これまでも述べてきた通り:

http://clipsince08.dtiblog.com/blog-entry-299.html
とか。

 勿論上位者の児たちも、
活動の中で、それぞれなりに相方の児にひっぱられ、
自分自身のしたいように物事が動かないことへ
次第に苛立ちを募らせたり、
それが実際に児同士のトラブルに発展したり..
やってみればいろいろあったりはしたのですが(笑)

 そうして「他人を困らせる児」という在り方が、
実際には自分の似姿である:

 自分自身も、学校等同年齢の児たちの中で
(情緒的に安定していたり社会性技能において当人を遥かに凌ぐ)
「普通の子」/定型発達児/者たちに、
日々..概ね同様の「不自由さ」や理不尽さを感じさせていたり、
他者に迷惑をかけているという事実に、
気付くことができれば..

 それはそれで、
自身の状態や特性への気付き(や修正)にも繋がるし、
当人にとっても興味深い経験になるのであるけれど..

 まぁ今回は、さすがにそこまでは期待せず..
そうして苦闘したりパートナーと一緒に楽しく関われるときもある、
児たちを見守っていたのでした。 


 この辺りについてはやっぱり..
「6年目」のクリップとして、
長い時間をかけてはじめて見ることのできた..
そうした景色なのだろうなと思います。


 その場その場で、できるだけの..
「よい仕事」:よい指導やよいアドバイス
等をすることも大事なことですが、
 一方でその指導なり相談を
一定の期間きっちりと「続ける」こと..

 その「続けること」
の大事さというものについては、
最近になって考える機会が、多いのです。


 ..まぁ、その辺は、いろいろあるんです(笑)


 合宿勉強会では「ひきこもり」をテーマに、
資料を作りました。

 昨年の「道徳観念の発達」の勉強については..
聞いた方達の勉強になったのかはともかく(笑)
作った当人の私にとっては、
その後1年の時間をかけて..
自分の中で当該テーマについて改めて考えたり、
そこで得た知見を参照する機会も多く、
総じて「結構役に立つ」ものでした。

 今回も概ねそんな感じで。
無論今回も「発達障害を絡めた上での」
ひきこもりの考察になるわけですが..
 原因論の追求も無論大事ですが、
対処法(*予防法の方がより現実的で、重要ですが)
について考える際、
それが発達障害(を有する個人の少年期や青年期)
の思考上の特性やその支援についての発想に対し
新たな光を投げかけたり(*あくまで私の中で)..

 そんなこんなで、今回も大いに勉強になりました。


 ブログまわりのこと:
最近は更新頻度が実に落ちがちなのですが..
ネタ自体は相変わらずそこそこあるのですが。
何分忙しいですね。特に今年はいろいろあって。

 とりあえず現状で使用しているブログが
12月に廃止になるようなので..
まずは引っ越しの作業をせにゃいけません
(5月辺りのブログのトラブルも、
 廃止の前触れだったのかも)。

 ..まずはそっち優先で頑張らねば。

グループ

朝

集合写真

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する