言語による

  • 2013/03/30(土) 23:36:10

 最近あったやりとり:

対象は小学校高学年で、
軽度な知的発達面の遅れを有する自閉症児。

 そのまま書くとバレバレなので、
ボカして(やや表現を変えて)書くと..


 彼に曰く

1.終業式で○年生が襲ってくる

という。

 いろいろ聞いてみると
(その最中も1.の話題を繰り返し話そうとするが、
 断固として無視し、2.の話を正確に述べるよう指示し続けた)

2.昨年末くらいに、その連中と児との間でやりとりがあり
 (先方は遊んだ程度に思っているようだが、
  彼としてはいじめられたと認識しているらしい)
 その際に
 「お前なんか□年生じゃなくて、1年生だ」
 「(4月になっても)△(*○+1)年生になれない

 といったことを言われたとのことで..

 彼はその「△年生になれない/進級できない」
と言われたことを強く意識して、
結果として、彼なりの論理を経て
「終業式で襲われる」
 という結論に達した、ようなのでした。


 で。そこまで質問と内容確認を繰り返した
*(ここまで10分くらいかかっている)後で

・私:終業式で○年生が襲ってくると、
   そこ(12月)で実際に、そう言われたわけ?
・児:いいえ。いわれていません。

・私:4月になって実際に進級できないというようなことは、
   これまでに一度でもあった?
   実際にそういうことって、あるの?
・児:いいえ。ありません。

・私:では君は4月になると進級できるの?
・児:はい。できます。

・私:では終業式で○年生は実際に襲ってくるわけ?
   君は本気でそう思っているわけ?
・彼:..いいえ。
 (*ここまでに15分くらい)


 この件はある種、彼ら自閉傾向を持つ児の
記憶や認識の在り方、
時にそれが被害的な誤解に発展する思考の在り方が
どのように形成されるのかということについて..
私にとって大いに勉強になるやりとりでした。

 当該児はクリップで対応する、
知的能力に遅れを有すると「見做される」児の中では、
かなりその持てる能力の高みに到達したと思われる児なのですが、
それでも、その種の非合理的な思考に達してしまうことが、ある。

 いや逆に、言語能力やその論理的思考の水準が
ある段階まで到達したからこそ、
そういった妙な誤解や非合理的な思考というものも、
はじめて生じるものなのかもしれません。

(そういった思考の/認識の 誤りが生じたとき、
 当該児が自閉傾向を有していることが、
 その思考を他者に容易に示したり
 そうすることで家族など周囲の他者から、
 適切なフィードバックを得たりする機会が
 相対的に少なくなることも、
 誤りを生じさせ、維持する機会を増やしているとも考えられます)

 その一方で、今回改めて感じたことは、
当該児の言語能力や論理的思考能力が
そうした高い水準にあるからこそ!
きちんとした言語的やりとりを行うことによって..
その問題を初めて、見出し、分解し、解析し、
修正することもできるのだ! ということでした。


 言語を有するに至ったヒトの思考に、
ある種の誤った理解や
それに基づく適応上の問題が生じたときに、
それに対処できるのは..

 基本的にはやはり、
言語の力なのだよなと思います。

言語をもって!
問題を認識し、掘り下げ、解析し、
当人の論理的誤りや齟齬を見出し、それを指摘し..
そういったやりとりを通じて、相手の問題を修正していく。

 そうしたとき、言語は..
観察等の「問題を見出す」ための道具であるに留まらず、
当の問題を現実に切り開き、
それに対し施術すら行う..ツールであるのだよな、と。


 ひとがひとと対応する状況において、
これに勝るだけの有効な道具は、現実には殆ど、ない。

 だからこそ、
言葉でひとと関わる仕事をしている以上、
私自身が言語的に..
かなり”優秀な”状態になくてはならないし、
それを常に維持しておかねばならないのだよな、
ということを、再確認したのでした。はい。

  
 ..そうして言語的に対応できた児がいる一方で、
言語発達的に問題のない水準にありながら、
明らかに誤った/不適応的な 認識や思考方式を持つに至り、
そのまま定着してしまうような..
「大人」というものが、
そこら中に存在するという事実は..
どう説明されるべきなんでしょうかね? 

(最近だとやっぱり、洗脳ネタの某女性芸人とか?)

 言語が思考や認識、価値観を在り方を規定し、
形成するものである以上、
それについて意識的に関わり、
長い時間をかけ、認識の誤りを..
とんでもなく多数、複雑に積み重ねていくことを行えば、
(或いは自身の中で勝手に、その種の
 思考上の誤りが積み重ねっていけば)
そうして出来あがった、
とんでもなく複雑な、しかも不適応的な思考というものを..

 外部から、他者からもたらされる言語をもってしても、
それに容易に解析し、対処することは、
困難になっていくという感じでしょうか..

 同時に言語的に対応される当人が、
どの程度”他者との共通認識”の枠組みを
有しているか/残っているか 
ということが重要なのかもしれません。

 私はその場合に他者とのやりとりを行える基盤として、
当人が「論理性」を有しているかということが
重要なのだと思います。

 いくら言語的なやりとりをこなすことができても、
それを他者とのやりとりに適用し、なおかつ、
(自身とは異なる)他者の意見を、
時に「正しい」と認識できるためには、
 当人の中に事物を「論理」的に扱う
システムが、機能していなければならない。

 そういった論理が、ない/正常に機能していない 
個人に対しては、おそらくは..

 言語による修正も、機能しないのでしょうね。

 今回取り上げた児などは、
論理的に物事を処理する機能がかなりきちんと働いていたことで、
問題に対処できた、と言うことができます。

言語イメージ

受容

  • 2013/02/23(土) 23:56:25

勉強会の準備をしています。

昨年秋の引っ越しからこっち、
実施日がズレにズレ込んでいた定例勉強会ですが..


 このブログもそうなのですが、
自身の思考のテーマ/題材となるような事柄は日々、
それなりに起こっているのですが、
それをまとめて、それなりに他者に伝えるべき内容に
変換/構成していく作業はなかなかに大変なものでして
(このブログなんか..
 かなり何も考えずにツラツラ書いている方だと思うのですが、
 それでも当初頭の中に浮かんだボンヤリとした思考に、
 形を成させる作業というものには
 なかなかに労力が必要だったりします)

 そこにエネルギーを持っていく作業というものについて、
最近はいろいろなことを考えるのでした。

 クリップで対応を始めた..
比較的初期段階の保護者の方に対し、
系統的に伝えていくこと、伝えなければならないことは、
依然あるのです。

 一方である程度以上の水準に達した保護者の方たちに
話すべきテーマ、内容ということになると、それはそれで..
かなり以前に述べたように、これについては
「入力されるデータが増えれば要求水準も上がる」のでして。
 そこに対応していくるには、
私自身にも(当該テーマに対する)相当に高い動機づけや意識が必要で。

 そういう意味では..
聞かされた方がどうだったかは分かりませんけど(笑)
それぞれにかなり時間をかけて準備を行うことのできた、

・昨年9月合宿時の「道徳観念の発達」
・1月合宿時の「関係発達」

辺りが、個人的にかなり..
納得のいく水準のものだったかなと思います。


 そんなことを考えつつ:

今回のテーマは
「受容型」の発達支援に対して思うこと..
です。

 そのテーマを選択する前に、
まぁいろいろと思うことや、
他者の思いを聞かされたこともあって。

 私自身..
その根本的な価値観の在り方は性悪説にあると自覚しているものの、
特に前の職場では基本的に受容型に..まぁ近い立場で
思考し、職務をこなしていた経緯があるので
(以前の職場の性質を考えれば、
 受容型の発想をもつことは必要だったと、今でも思う)
児の在り方に対し受容的に接することの意義を見出せるときも、
あるはあるのですけど。

 今の立場で今の仕事をしていると..
少なくともその観点だけで
「クリップの仕事」を遂行することは不可能である、
とは言わざるを得ないのでした。


 先の合宿で某指導者が述べていたように、
今もって(というべきか?)世の療育の在り方の基本は
あくまで「受容的な対応」なのであり、
そういう意味でクリップとして選択し、
児に実施している対応は
「常にマイナー」な領域に属するものなのですけど
(個人的には、そうであるからこそ、
 民間で/クリップで すべき仕事なのだと思っている)

 その「受容型」という在り方を”批判的に”眺めることで
(思うのですけど..
 受容型の立場にあるひとは他者の在り方にも受容的で、
 指導的な立場の者はそうではなかったり..
 するんでしょうかねぇ一般傾向として?)
何を見出せるか、という感じで、資料を作っています。


 今回の資料作りに際しては特に、
元となる資料(テーマの元となる本とか論文とか)を殆ど用いず、
自分の論理や経験、知見を積み重ねつつ、
展開させている感じなので..

 「論理」は、
基本的に他者に何かを伝えるために必要な
ツールだと思っていますが、それを適切に..
時にブロックのように積み重ねて!
何がしかの結論や他者への説得?に用いることを考えるとき、
その際に扱う言葉や論理の形式を、
どういう風に選択し、使っていくのか..

 そんなことを考えつつ資料を作るのは
なかなか楽しい作業ではあるのですが、

 まぁやっぱり大変ですね(笑)

 私の場合(誰でもそうかもしれまんせけど)
言いたいこと、伝えたいことは
資料を作りながらもいくらでも浮かんでくるのですが、
それを全部一気に出してしまうと情報量が多すぎて..
相手に伝えたい!伝えなければならない重要情報が
結果的に霞んでしまう。
 そこを考慮して情報を「刈り込む」作業に、いつも..
余分にエネルギーが費やされるのでした


 勉強会を
 3月2日(土)11時- で実施します
 テーマは「受容型」考


受容体

お泊まり会(15)

  • 2013/02/10(日) 23:39:04

 
 お泊まり会15回目が、無事終了しました

 15回目..
そうなんだそんなに実施したのね、という感じです。
平均で年3回。近年は4回くらいですかね。


 今回は前回の実施経験を受け2度目の、私の家での実施。
主目的は初日実施する「買い物と調理」の実習、でした。

 15回目にして(偶然日程が合ったので)
初のご参加となったシライ先生も含め、
大人3名で児3名に対応。
(私は諸事情で買い物に参加できず、
 調理も概ね外で眺めていましたけど)
 
 日々この種の指導をこなしている
シライ先生の技術と方法論、声掛けの仕方など..
見ていてマジで大変参考になりました。
今回は協力して貰えて、本当に有難かった、です。

 調理実習をこなすことで、
当方(クリップ)として必要な知識や技術、
また必要な調理器具等環境調整の要素についても、
今回の実施を通じて、ある程度見通しがつきました。
何事も実際にやってみないと分からないものです。
実施前にそれなりにいろいろと頭を使ってみても。ですね。

 そんなこんなでいろいろと
(まぁ予想はしていましたけど)..
予定時間をオーバーしつつ、苦労しつつ、
皆で協力して食事(カレー)を作り終えました。
 まーアレですね。
「空腹は最良の調味料」ってほんとですね。
(*別に出来上がりが酷かったわけではない)


 最近はやや少人数での実施が増えた、お泊まり会。
(*営業的には参加人数は最大6名まで..
 多ければ多いい方がいいのですけど)
 実施側としてはこの方が、
お泊まり会の本来の目的である、
個々の児の動きや発言、日々のそれに近い動きの把握と対応..
突き詰めれば「児の現状での発達/心理/適応 状況の理解」について、
これをより容易に、ストレスなく行うことができるので..
それはそれでいいよなーと思うことも、しばしば。

 児たちもこの形態の方が
「クリップよりは」快適な状態で眠れるし(特に冬!)、
私自身も勿論クリップに泊まるより、
「自分の」家で眠れる方が絶対楽だし(笑)


 次年度(4月以降)のクリップでの仕事の在り方、
動き方について、
今はいろいろと考えている時期なのですけど、
(で、実際にそれなりに変わってくることもある) 
 お泊まり会については基本方針として、
次第にそんな感じになっていくのかな、と思っています。

 毎回しんどいですけど..
(今回は画像整理もある程度楽で、
 報告書も私が書かないのでよいので結構楽な方ですけど)
仕事的には楽しくて、
常に新しい勉強の機会となるお泊まり会ですが、
今回は上記したような新しい動きも多く、
(詳細は書けませんけど)
今回参加した児への理解も、大きく向上した状況もあり..


 かなり”よい”お泊まり会になったなと思っています

買い物

調理

食事